塾 先生

塾で学力(成績)が伸びる子と伸びない子

子ども塾に行かせようと思った。けれども、自分の子供は塾に通うと成績があがるタイプなのか、塾に向いているのか。

親としては判断に困りますね。

塾ではなく家庭教師がいいのか、それとも今流行りのネット塾がいいのか、通信教育が良いのか。個人指導塾がいいのか。

いろいろな方法があるので自分の子供に合った方法を選びたい。そう思えば思うほど悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、塾に通うと伸びるタイプまた塾では伸びないタイプのお子さんについてまとめてみます。
目的を持って塾を選ぶことであなたのお子さんが能力を発揮できることでしょう。

塾で学力が伸びるタイプ 26タイプ

塾に通うことで、学力が伸びる子はどんなタイプでしょうか。

塾で伸びる子はこんなタイプです。あてはまる項目が多ければ多いほど、塾に通うことで成績がアップするでしょう。

①お子さん本人が明確な入塾動機を持っている。

②お子さん自身が塾に通うことに対して強い意思を持っている。

③学校の授業や宿題にも気を配り、自分の力で勉強できる。

④学校や塾の先生と気軽に勉強以外も会話ができる。(人見知りをしない)

⑤偏差値やテストの結果を見て、自分で勉強方法を工夫できる

⑥勉強することで大切なのは努力だと考えている。

⑦積極性があって先生にどんどん質問が出来る

⑧わからない問題があったら、その日のうちに解決しようとする

⑨独りよがりの天狗ではない

⑩わかるまでやる気がある

⑪生徒数が多くても自信を持って手を挙げて発言ができる

⑫入試模擬テストや授業があるとやる気が出る

⑬ひとりでは勉強しないが、集団だとやる気が出る

⑭わかった、できたということが喜べる

⑮塾で担当の先生が変わっても気にせず勉強できる

⑯塾の授業内容が完全に理解できる(塾のレベルが子供にぴったり合っていることが重要になる。)

⑰塾の先生に注意されても受け止められる

⑱自分の成績にコンプレックスを持たず、勉強のできる性格の良い子と友人になれる

⑲学校での成績でトップの順位を目指している

⑳塾にかよっても、学校の勉強に差し支えない体力がある

㉑友達が塾を辞めても、気にせず塾に通える

㉒塾の行事に積極的に参加できる(夏期講習など)

㉓すべての主要科目にばらつきがなく成績が上位である

㉔自分の欠点や弱点を自分で把握できる

㉕学校や塾の宿題を計画的に家庭学習でクリアできる

㉖塾の予習、復習、宿題をを問題なくこなす力がある

塾で学力が伸びないタイプ 29タイプ

塾に通っても学力が伸びない子は、塾の指導方法や内容、雰囲気が合わないのです。

その他、両親の過剰な教育に対する期待もあります。塾に通わせるま前に、お子さんの性格を正しく見極めておきましょう。

塾で伸びないのは、こんなタイプの子です。

①はっきりした入塾の動機がない

②仲の良い友達に誘われて入った

③塾よりもクラブ活動が優先で遅刻したり欠席する

④塾が自分の逃げ場になっている

⑤社交的過ぎて、授業中に友達と話し込んでしまう

⑥現実を見ず、自信過剰で努力しない

⑦自分の思い通りにならないとすぐ遊んでしまう

⑧わがままである

⑨宿題や学用品の忘れ物が多い

⑩自己主張が強すぎて、協調性がまったくない。

⑪劣等感が強すぎる性格のため、成績が伸び悩んでいる

⑫被害妄想が強すぎる性格のため学習意欲がわかない

⑬わかった、できたという喜びを感じない

⑭できの良い兄弟姉妹といつも比較されることが嫌である

⑮人数が多いクラスだと、手をあげることができない

⑯自分の欠点や間違いを他人のせいにする

⑰偏差値やテストの結果を気にしすぎる。神経が細やかすぎる

⑱先生や両親の言動が気になり、強くプレッシャーを感じる

⑲塾のレベルが高すぎて、落ちこぼれ気味でやる気が出ない

⑳塾のレベルが低く、成績が上位なのに学習意欲が低下している

㉑学校や塾の先生と気軽に会話ができない

㉒塾の行事に参加したがらない(夏季合宿、冬期合宿など)

㉓塾のテストの成績が全く気にならない

㉔性格が内気なため孤立してしまう

㉕授業中落ち着きがない

㉖塾の先生に反抗したり馬鹿にしたりする

㉗塾でいじめにあったりして成績が伸び悩んでいる

㉘塾を休みたがる

㉙体力がなく、体が疲れて学校生活に支障をきたしている

学力が伸びない子の母親にも問題がある

ここまではお子さんの性格や能力面でした。次はお子さん以外の要因、主にお母さまに関する問題点をあげてみましょう。

もしかして学力が伸びない子の母親に当てはまっていませんか。

①子供の学習に興味がない

②子供の勉強は学校や塾がやればよいと思っている

③塾に行かせれば勉強ができるようになると思っている

④過保護すぎる

⑤子供のことは全て親が決めている

⑥子供を自分の従属物として見ている

⑦お母さまに信念がないため、周りの人の言葉に影響され、言うことが変わりやすい

⑧子供の欠点だけしか見ていない。長所を認めてやらない

⑨子供の実力以上に期待をかけている

⑩兄弟姉妹や、ほかのできるお友達と比較してしまう

⑪全てはお金で解決できると思っている

⑫世間体ばかりを気にする

⑬教師を馬鹿にしている

お子さんの成績が伸びないのは、子供のせい、塾のせいばかりではありません。お母さまが子供の足を引っ張っていないか、今一度チェックしてください。